2006年8月8日火曜日

MetaSynth は凄い

打ち合わせ先で、MetaSynth というソフトを見せてもらった。サウンドエフェクトを作るソフトになると思うのだが、その素晴らしいUIに衝撃を受けた。ユーザは画像を編集することで音を創造する。画像は横軸が時間、縦軸が音高、ピクセルの濃度が音量、色相は定位を意味する。この画像をペイントソフト感覚でブラシで塗ったり、範囲指定して回転させたりすることにより音を編集する。また、音響的なエフェクトをかけるとその画像が変化する。音程に対するいろいろな粒度のクォンタイズ機能が素晴らしい。


見ているだけで楽しくなるツールだ。このツールのアイディアは製品のものとしては、見たことがない気がするのだが、ほかにあるのだろうか。技術的にはFFTで画像を作り、画像から音へは逆変換すればよいだけの話だと思うが、なぜ自分は今まで気がつかなかったのだろう。


非常に残念なのは Mac 版しか発売されていないことだ。このアイディアだけ借用可能なら、サウンドエフェクトを作るソフトを作ってみたい。Keynote も そうだが、Windows 版が発売されたら是非購入したいソフトだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿