2006年8月12日土曜日

DXPresentation 0.42 リリース


  • スライド追加機能を追加した。

  • Ctrl+A でテキストのスライドを追加できる。

  • 授業中に話が脱線した時や、講演後の質疑応答の時などに簡単にスライドを追加するのが目的。

  • 追加したスライドは一時的なものなので保存できない。

  • 追加したスライドを個別に削除することはできない。

  • 追加したスライドを一括して削除する特別なコマンドはないが、再読み込み(Ctrl+R)で可能。

  • 開発環境を VC#2005 に戻した

ビデオ再生機能がうまくいかない。ビデオにもライン書き込みやクローズアップ、スポットライトを有効にするために、テクスチャにムービーをレンダリングしている。メインのスレッドから描画するのをやめて、また戻したり、いろいろ試しているが、ビデオ切り替え時に停止することがある。リソースの衝突に関係したバグかと思ってここ数日かなり苦労したのだがうまくいかない。なんとなくだが別のところに原因があるような気もする。 Managed DirectX の AudioVideoPlayback 名前空間のクラスを使っているのだが、これの利用方法が根本的に違っているのかもしれない。小さなムービープレイヤーを作ってこのクラスの挙動をテストしようと思う。



スライド挿入バー : プレゼン中にその場で新しいスライドを作成できます
質疑応答などで話があらぬ方向にいったときなどに役立つかもしれません


0 件のコメント:

コメントを投稿