2006年8月10日木曜日

DXPresentation 0.40 リリース

メモリリークによる停止など致命的なバグを修正した。



  • 0.40 2006.8.9  DirectX 管理下のリソースがメモリリークする致命的な問題が存在していたので修正した。

  • これによりプレゼン中に突然プログラムが停止するような重大な不具合を取り除くことができたはず。

  • 従来高速化のため次の画像の読みこみを別スレッドでおこなっていたが、危険であることが判明したので暫定的に廃止した

  • そのほかレンダリング処理のタイミングを安全性向上のため大幅に修正した

  • ウィンドウのリサイズ処理を全面的に書き換え、安定化を図った。

  • メインウィンドウの最小化を復活させた。ミラーがある場合はミラーを隠すようにした。

  • ミラーウィンドウのサイズ変更をメインウィンドウのサイズに反映させるようにした

  • メインウィンドウがフルスクリーンのときはミラーを使えないようにした。逆にミラーがあるときは、メインウィンドウをフルスクリーンに変更できないようにした

  • メインウィンドウがフルスクリーンのときはメニューバーを消すようにした

  • その他細かい修正

ビデオの再生はだいたいできたのだが、Managed 環境のくせに Access Violation がたまに出るので悩んでいる。



実際にセカンダリディスプレイ出力からスクリーンに投影してみるテスト




0 件のコメント:

コメントを投稿