2006年8月23日水曜日

DXPresentation 0.50 リリース


  • ビデオ再生機能を追加した。

  • .video コマンドを追加した。WMV、ASF、MPG ファイルなどビデオを再生することができる。ただし、ライン書き込み、クローズアップなどはできない(DirectX.AudioVideoPlayback.Video のバグのため、あきらめた)

  • コマンドラインからの起動において、第1引数に読み込むファイルを指定できるようにした

  • Web の表示機能において、Web1 -> テキストスライド -> Web2 と再生していくと、Web2 に移動したときナビゲートが終わるまで Web1 が表示されたままになっていたので修正した。

  • メニューバーのカラーを再度調整した

  • 細かい修正


ビデオ再生中の画面(デジタルカメラによるキャプチャ)


やっとビデオの再生機能を追加した。DirectX.AudioVideoPlayback.Video のテクスチャに対するレンダリングは、Dispose時に例外が発生するバグがあるためあきらめて、コントロールに対する描画とした。このためエフェクト要素は全くない。ミラーは別個に同期をとりながら再生し見かけ上おかしくないようにするという強引な方法で実現した。
プレゼン中のビデオの使い方としてはインタビュー映像と、何かの瞬間およびその前後が重要な映像を想定している。


0 件のコメント:

コメントを投稿