2006年11月16日木曜日

WPF / .NET Framework 3.0 の生産性について

前回のエントリで WPF は Vista 入手までいじらないかもと書いたが、もう少しいじってみる。3Dアニメーションなしなら、フレームレートの低さが目立つことはないだろうから。


現状の VS2005 でプログラムを作るとしたら、WPF よりも WindowsForm を使ったほうが圧倒的に生産性が高い。IDE がまだまだ中途半端にしか対応していないからだ。それに自分の場合WindowsForm に初めて触れたのが去年の 12 月だったから、せっかく使い方を覚えたのにもう捨ててしまうのはもったいない。WindowsForm と WPF をひとつのプログラムで併用するようなことも可能であればやってみよう。


ところで、「XAML IN A NUTSHELL」というオライリーの本を買ってみた。XAML のリファレンス本で、なかなか読みやすい。ペーパーバックは軽い(質量が小さい)ので持ち運びしやすくて重宝する。もう一冊気になっている本で、「Applications = Code + Markup: A Guide to the Microsoft Windows Presentation Foundation」という Perzold の本があるのだが、こちらはハードカバーで1000ページ以上ある。翻訳を待っていたらいつになるかわからないので、買うかもしれない。


0 件のコメント:

コメントを投稿