2006年7月23日日曜日

VisualStudio 旧ブログ

2006/06/14 Visual Studio 2005 を購入する
 
Visual Studio 2005 Standard Edition を購入することにした。
以前のエントリで書いたが、Standard Edition はx64 バイナリをビルドできず、
なおかつそれができる Professional Edition は高価すぎるので
VS2005 自体の購入を見送っていたのだ。
 
しかし、今日マイクロソフトのサイトで確認すると、Standard Edition でも
x64 のコンパイルができることになっている。発売日前後にはそれは
できないことであると確実に書かれていたはずだ。出荷直前に変更されたのだろうか。
 
最新の情報では、Standard Edition と Professional Edition の違いは
Crystal Report と SQL Server 関係だけのようだ。どちらも自分には必要ない。
特に SQL Server 関係の開発を自宅でやることは絶対にないので、
Standard Edition で十分なのだ。
&n
bsp;
さて、何を作ろうか。
 
2006/02/11 Visual Studio 2005
 
Visual Studio 2005 のパッケージ版が今月に入って発売された。
自分はVisualC++6.0を未だに使い続けている。7年くらいも使っている。
よって非常に欲しいわけだが、VS2005 Professional Edition の中でいちばん安い
アップグレードパッケージでも 68000 円くらいするので、趣味で買うソフトとしては
いささか高価であり手が出ない。本当に欲しい MSDN つきパッケージだと 30万円くらいする。


--------------------------------------------------------------------------------


VS2005 Standard Edition は安いが C++ で64bitアプリを開発できないので魅力がない。
VS2005 Express Edition は無償だが、C++ で64bitアプリが開発できないのに加え MFC が使えないのでさらに魅力に乏しい。
魅力がないと書いたがそれはコンパイラやライブラリのことで、
IDEは恐ろしく良くできていて快適に使える。


--------------------------------------------------------------------------------
StandardEdtion で x64 コードのビルドができるなら、今すぐ買うのだが。
または今後C++での開発をやめてC#一本でいくのであれば、
VC# Express Edition で十分かもしれない。
どうしたものか。


1 件のコメント:

  1. 読ませていただきました。
    大変参考になりました。
    これからも、良い情報の発信をしていだければと幸いでございます。
    ありがとうございました。

    返信削除