2007年4月14日土曜日

ハンディ GPS ナビゲータ Etrex Venture 復活

GARMIN のハンディ GPS ナビゲータ「Etrex Venture」を数年前から使っている。登山をしたり自転車で遠出をするときにナビゲータとして使え、トラックログをPCにダウンロード可能なのでとても便利である。登山では山行が計画通りに進んでいるかどうかを(衛星が見える状態であれば)常に確認することができる。自転車では目的地さえ設定すれば(市街地においては)迷うことはなくなった。
しかしこのところ液晶表示が突然乱れたり、十字キー入力への反応が悪くなることがあり困っていた。調べてみると液晶表示が乱れる等の症状はこのシリーズでは「よくあること」らしい。というわけで、このサイトを参考に分解清掃してみた。
液晶+十字キーと本体基板を接続するフレキシブルケーブ
?≪とコネクタを清掃し、きちんとコンタクトするように差し込み直した。この結果、症状は再現しなくなったようだ。きちんと動作するようになり快適だ。

ところでしばらく見ないうちに Etrex シリーズにカラー版が出たり、USB 接続できるようになったり、microSD が使えるようになったりしている。地図関係の機能が向上することを歓迎するが、電池や液晶パネルのコンタクトなどの信頼性向上にも期待する。


0 件のコメント:

コメントを投稿